[YouTube]写経で学習する回路図作成(Eagle編) CMOSロジックICを使ったデジタル時計の設計
の連動ページです。

最近はプリント基板をずいぶん安く作れるようになりました。
中国の業者だと10cm×10cmの基板10枚で送料込みで5,000円かかりません。

仕事ではなく、電子工作を趣味とされている方でプリント基板の設計製作をやられている人も多い思います。

今回は自分でプリント基板を作りたいけど、どこから取り掛かったら良いか迷われている方向けに、C-MOSロジックICを使ったデジタル時計を題材として、回路図作成、プリント基板設計、そして発注までの作業工程を解説します。
初回の今回は回路図作成編です。
先ずはEagleを扱ってもらうために、回路の説明は後回しにします。

今回、Eagleの操作画面を録画した動画を使っていますので、途中エラーの音が入ったり、間延びしたりしていますが勘弁してください。
あと無音の部分も多いです。

なお、今回設計するデジタル時計のCADデータ等は GitHubで公開出来るように準備中です。
もうしばらくお待ちください。

【 Next Step 】
https://next-step.asia/

【 動画素材 】
ゆっくりムービーメーカー4 https://manjubox.net/ymm4/
VOICEVOX https://voicevox.hiroshiba.jp/
ゆっくり素材 http://www.nicotalk.com/charasozai.html


Kaz Ueno

福岡でフリーランスやっています。 得意な分野はデジタル回路設計、 組込みプログラム、FA制御です。 Web系プログラムもやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »