SONY Spresense本体で使えるLCDドライバーボードです。
Spresense拡張ボードを必要としないために、小型で安価にカラー TFT LCDを使ったシステムを構築出来ます。

Spresenseとの接続にはスタッキングピンヘッダを使っているので、別のボードを積み重ねることができます。

LCDのピン配置に合わせて3種類の基板の販売を開始しました。
順次対応するLCDを増やす予定です。

Spresense本体に LCDドライバーボードをセット

LCDドライバーボードにLTE-M通信ボードとCO2センサー(SCD41)をセット

横から見たイメージ

全体イメージ

動画
https://youtube.com/shorts/MdkEY4RHE2g?feature=share

GITHUB
https://github.com/kaz19610303/SPRESENSE_LCD

ネクストステップショップ


Avatar photo

Kaz Ueno

福岡でフリーランスやっています。 得意な分野はデジタル回路設計、 組込みプログラム、FA制御です。 Web系プログラムもやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »