3種類のCO2センサーのデータの比較を行いました。

使用CO2センサー

型名 メーカー 測定範囲
SCD30 Sensirion 0~40000 ppm
SCD41 Sensirion 400~2000ppm
MHZ-19C Zhengzhou Winsen Electronics 400~5000ppm

比較グラフ

CO2センサー比較.JPG

評価

今回の計測は2021年7月15日 00:00 ~ 16日9:00 までと1日程度ですが、
3つのセンサーに大きなばらつきは無く取得データに±補正をかけるとほぼグラフが重なりそうです。
(物差しとなる計測器が無いのでどれを基準にするかの問題はありますが)

MH-Z19CSCD30のデータがほぼ同じなのも正直おどろいています。
この2つのセンサーは非分散型赤外線吸収法方式(NDIR)という同じ方式となっています。
価格差から考えるとMH-Z19Cのコストパフォーマンスが高いことになります。

SCD41に関しましても期待以上の結果となりました。
このセンサーは他のセンサーに比べるとすごく小さいので、小型のCO2計測器を作ることが出来そうです。

今回のデータは参考程度にとらえてください。
性能を保証するものではありません。

※弊社ではこのようなCO2測定装置の受託開発も行っています。
こちらからお気軽にお問合せください。


Kaz Ueno

福岡でフリーランスやっています。 得意な分野はデジタル回路設計、 組込みプログラム、FA制御です。 Web系プログラムもやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »