IoT 室内環境計測 システム

1. ハードウェア

構成 名称 型番 メーカー
CPU(マイコン) Spesense Sony
CO2センサー SCD41 SCD41
通信モジュール SIM7080G SIMCOM
SIMカード さくらセキュアモバイルSIM さくらインターネット

ここに回路図

ここに3D図


2. ファームウェア

開発言語 : mruby/c

環境構築時に参考にしたサイト
 Windows10 gcc インストール
 Windows10 Ruby インストール
 mruby/cの開発環境の構築手順10個
 Spresense mruby/cの環境構築

ファームウェア開発時に参考にしたサイト
 mruby/c
 mruby/cで始めるオリジナルIoTデバイス作り

ここに開発環境インストール手順
ここにソースコード


3. Webサーバー

サーバー : さくらのレンタルサーバ スタンダード

  • ディスク容量 100GB
  • データベース MySQL 5.7
  • サーバー nginx + Apache2.4系
  • Rubyバージョン 2.5.x

4. データベース

MySQL

ここにER図

ここにテーブル作成SQL


5. データ受信&データ保存

開発言語 : Ruby

ここにソースコード


6. 管理ページ

開発言語 : Ruby

  • ユーザー登録/管理ページ
    主な機能

    • ユーザー登録/修正
    • パスワード再発行
    • アクセスレベル設定

ここに画面キャプチャー

  • デバイス管理ページ
    主な機能

    • デバイス登録/修正
    • 補正値の設定
    • アラート設定
    • 死活監視設定
    • エッジデバイスのデータアップロード間隔設定

ここに画面キャプチャー

  • データ管理ページ
    主な機能

    • データ一覧
    • グラフ表示
    • CSVダウンロード

ここに画面キャプチャー

ここに全体のソースコード


7. データ表示ページサンプル

開発言語 : Ruby

ここに画面キャプチャー

ここにソースコード


8. 最後に

このシステムは元々 C++、PHPで構成していたものを自身の学習として rmruby/c、Ruby で再構築しました。
これから、IoTシステムを構築される方、IoTシステムを学習される方の参考になればと思い、
エッジデバイスの回路図、基板のガーバデータを含めすべてのプログラムをオープンソースとして公開しています。

MITライセンス

GitHUBでの公開場所

Translate »