東京国際センターで2月22・23日に開催された「SLUSH TOKYO」に福岡市チームのメンバーととして参加しました。
昨年本場ヘルシンキのSLUSHには参加しましたがTOKYOは今回が初めてでした。

ヘルシンキでは、ほとんど英語での対応で苦労しましたが、
東京だと基本公用語は英語と聞いていましたが、来場者は日本人も多く、
また外国の方もほとんどの人が日本語しゃべれたので、その点はすごく楽でした。

独特の暗い照明の中ステージが4か所、それと展示ブースや休憩スペースなどから構成されていて
規模としては本場の1/3~1/4程度ではないかと思いました。

今回は日本語で説明できたのもあり、次につながるような話も何件も有り、
参加して良かったと思っています。

市役所のみなさん、一緒に出展した福岡市チームの皆さん、会場でお会いした
本荘先生、澤さん、btraxの皆さん、話を聞いてくださいました来場者の皆さん、
そして忙しい中足を運んでくださって、福岡市チームの1社1社の話しを聞いてくださった、「高島市長」ありがとうございました。

福岡市チーム

高島市長と集合写真
高島市長と今回お手伝いしていただいた乙谷美里さん
高島市長にビジネスの内容を説明
いつもお世話になっている本荘先生にも訪問していただきました
カテゴリー: 展示会

Kaz Ueno

Kaz Ueno

福岡でフリーランスやっています。 得意な分野はデジタル回路設計、 組込みプログラム、FA制御です。 Web系プログラムもやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »